副菜ホットクック料理レシピ
更新日 : 2020年10月9日
投稿日 : 2020年6月20日

ポテトサラダ-ホットクックdeアレンジレシピ-

ポテトサラダ-ホットクックdeアレンジレシピ-の画像

ここでは「ポテトサラダ(ホットクック使用)」について紹介します。

SHARP公式の「ポテトサラダ」のレシピはこちらです。

オリジナルポテトサラダのレシピ

  • じゃがいも 350~400g
  • 人参 100g
  • きゅうり 1本
  • 水 大さじ3
  • マヨネーズ 適量
  • こしょう 少々
  1. ホットクック「無水調理」でじゃがいもと人参を「20~25分」加熱(公式では15分ですが、じゃがいもが固いことがあるので少し長めにしています)
  2. きゅうりは輪切りにして塩もみしておいておく
  3. 加熱完了後にじゃがいもと人参をつぶす
  4. 水気を切ったきゅうりとマヨネーズを入れて和えて完成

これで大体大人2人、幼児2人分+αができます。

和えるときはホットクック鍋をそのまま使うと洗い物が減っていいですね(但し鍋に傷などの負荷がかかるかもしれないので、自己責任です)

公式レシピを見てくださった方はお気づきになったかもしれません…
そう、公式は「卵入りポテトサラダ」なんですね。
しかしこちらではたまごはいれていない!その理由は!

ゆで卵は自前で作ったほうが殻をむきやすいから

です。

レシピ通りに卵を一緒に入れてしまえば同時にゆで卵も完成!という運びにはなるのですが、なにせ殻がむきにくい…

もし「卵入りポテトサラダ」がいい場合はゆでたまごを別で作って入れます。
ゆで卵の作り方のまとめはこちらです→「ゆでたまごの作り方5選-殻がむきやすい作り方はどれ?-

調理前のポテトサラダ(じゃがいもと人参)

ポテトサラダのポイント

じゃがいもと人参は大きめに切る

大きめに切らないとホットクックで効率的に熱を通すことができません。どちらも加熱後につぶすので、気にせず大きめに切っておきましょう。

きゅうりを塩もみしておく

通常のポテトサラダと同じように、きゅうりは先に塩もみして水分を抜いておきます。サラダにしたときに余計な水分が出てなんとなくべしゃっとしてしまうのを防いでくれます。

予約ができない

このメニューは予約調理ができません。

ポテトサラダの下準備を楽に美味しくしてくれるものなので、ホットクックに任せてすべて完成できる品ではありません。よって予約は不可です。

ホットクックポテトサラダのいいところ

ほくほく、じゃがいもとにんじんの甘みが出る!

ホットクックで作るポテトサラダのいいところはこれに尽きます。
「ほくほく、じゃがいもとにんじんの甘みが出る」

電子レンジや鍋調理では出せない味ですね。

手軽さで言ったら、電子レンジで作る方が上だと思います。

お弁当の小鉢にできなくもない※冬場限定、冷凍不可

ポテトサラダもお弁当に入れても大丈夫です。但し冷凍はできません。また、冬のみ可能、と思っておいてください。

というのもじゃがいももマヨネーズも腐りやすい食材です。
普通のお弁当でポテトサラダを入れるのはおすすめできません。冬場は寒いので入れても「まあ大丈夫だろう」と考えておいてください。暖房ストーブで暑い中に入れて置いたら夏と変わりません。

要は、お弁当を出先の冷蔵庫やクーラーボックスで保管できるなど、食べるまで冷暗所で保管できるケースのみ大丈夫です。

完成後のポテトサラダ

参考にしてみてください(‘ω’)ノ