便利サービスの紹介
更新日 : 2021年4月11日
投稿日 : 2021年1月11日

DROBEで服選びをプロにお任せしてみた話-2回目利用の追記あり-

DROBEで服選びをプロにお任せしてみた話-2回目利用の追記あり-の画像

こんにちわ、エンジニア婦人(@naho_osada)です。
新卒入社した会社を出産のために退職し、産後再就職した後に二人目を妊娠、育休を取得しました。現在はフリーランスのPHPエンジニアとして活動しています。
5歳と3歳の子(2021年1月時点)を持つ2児の母です。

2021年4月11日:2回目に利用した追記があります。色味で失敗した話です。このリンクをクリックすると追記までジャンプします。

今回は「スタイリングサービス、DROBEを使ってみたレビュー記事」です。

2019年の「オトンとオカンの時間捻出術」アドベントカレンダーにあった記事

自分に合った洋服が送られてくる!パーソナルスタイリングサービス「DROBE」の全力レビュー」(@kazumeat

を読んで知ったサービスなのですが、実際に使ってみよう!となったのは約1年後でした。2020年12月に利用。…スパン長すぎな自分にも驚きです。

DROBEについて

DROBEは「自分の好みをお伝えして、スタイリストさんが直々に選んで自宅に送ってくれるものの中から好きなものを購入できる」サービスです。

届いた洋服を試着して、気に入れば買うし、気に入らなければ買わないで返送します。スタイリング料金は2,900円+税、送料と返送料は無料です(※2020年12月利用時)。

女性服限定のサービス

このスタイリングサービスはなかなか服の買い物に行く時間がない?行く気がない?夫にもいいのではないか!と思ったのですが、現時点ではまだ男性向けはないとのこと(2021年1月現在)。あると便利だと思いますが…実装されるのかな…市場規模の問題かしら?

DROBEの流れ

本サイトの案内でもあるように、LINEでやり取りします。

基本はスマートフォン、LINEでやり取りするからスマホサイトのみの用意、PCサイトは特別作らない方針のようで…(※閲覧者感想です)、良いコスト削減、運用保守も楽になっていいですね。

自分の好みを回答する

基本情報を入力したあと、(2020年12月時点では)LINE上から遷移した画面で、細かいアンケートに答えました。

この服の色は好きですか、これはありですか、なしですか、身長はどのくらいですか、どういう服が欲しいですか…など、項目は多岐に渡りました。服の値段帯も設定できます。セーターは欲しいけどカーディガンはいらない、なども入力できます。

DROBEアンケート例
DROBEアンケート例

2019年ではLINEでスタイリストさんとLINEで直接やり取りして傾向を把握するようでしたが、多くの利用者と知見が貯まったことと更なるシステム化でアンケート回答で傾向を把握できるようになったんですね。すごい!

スタイリストさんから服の打診

回答したアンケートを元に、商品を送付する前に「こんな感じの服を送ろうと思いますが、いかがですか?」とLINEで連絡が来ます。

商品写真を見て、どのくらい好みか回答します。ここで送ってほしい物は「送ってほしい」、いらないものは「いらない」と入力します。ここで「送ってほしい」としたものは必ず?入ってくるようです。

また一時提案されたものから要望を伝えることができます。

アンケートにも安い値段の回答をしているのですが、ここで提案された服は~3万とちょっとお高めでした。
私は服があまりに高いと着る勇気がないので、なるべく1万以内でお願いしますと追記しました。無茶ぶりです。買っても着ないのでは意味ないですものね。

服が到着、いざ試着

希望日時に服が到着します。「この服とこの服の組み合わせがおすすめです!」と提案書も入っています。これを参考にしながら試着して、購入するかしないかを決めます。
商品の扱いは丁寧に。上物の試着は付属のフェイスカバーを使用します。

着こなし方法や合わせ方がわからない場合は問い合わせから質問できます。私は鞄が同封されていたのですがその開け方がわからず、
「鞄の開け方がわからないので教えて下さい。」
と問い合わせしました。無理矢理開けて破壊したら目も当てられない。

提案された組み合わせ以外にも、家で試着するので「自分の手持ちの服とこれは合わせられるのか」を実際に確認できるのがとてもよかったです。結構な時間、あれやこれやと組み合わせて試着してしまいました。
外で買い物する場合は絶対にできないことですね。

使用した感想など

探しに行く手間が省けて、しかも近辺ではない服を提案してもらえてよかったです。
定期利用したいと思いました。

事前調査からプロに選んでもらうので、買い物の時短にもなる点もうれしいです。
服を探しに行って買えなかった時の徒労感といったら、(私は)時間を無駄にしてしまった、もったいない、その時間があったら別のことができたのに…という気分ですから…この気分にならなくていいというのもポイントでした。

初回の購入点数

初回は2点、約1万円となりました。

自分が街中で見つけられなかったけれど好みのニットフレアスカート、自分で買いそうになかったジャケットです。ジャケットはチャレンジ服の提案で入っていたものでした。

残念だったところ

希望では出していたのですが、ブーツが入っていませんでした。
ただ、これは私の希望額が1点1万以下ととても厳しいせいだと思います。厳しい希望を聞いてくれてありがとうございます、本当に。

使用後の様子

ストアから、スタイリストさんが買った服から合わせやすいコーディネートの提案が入ります。気に入った服は追加でここから購入できるようです。
このストアページは利用者一人ひとりによって中身が異なります。買ったものも好みも持っているものも各自違いますものね。

DROBEストアのスタイリストおすすめコーデ
DROBEストアのおすすめコーディネート

買った服から「これも合わせやすいと思います!どうでしょう?」と提案が入るのは嬉しいですね。各自の好みに狙い撃ち!また合う服を探す手間が省けてしまう!

12月利用で3か月後の設定にしているので(2週間、1か月、2か月、3か月の設定ができます)、次は3月の予定です。どんなご提案をいただけるのかとても楽しみにしています。

サービス利用の経緯

最後に、DROBEを利用するに至った経緯です。

去ること2020年11月、ちょっと「一人で」街中へ買い物に行く時間ができました。
久々の街中、洋服、何となくほしい物はありました。楽しみに散策しました。

…ですが、どれも購入には至りませんでした。

気に入るものもあったのですが、購入するに強く至る強い動機が伴うものはありませんでした。

お店を色々と見ていると似たような服がたくさんあって、予算に合うものから合わないものまであって、だんだんわからなくなってきてしまうのも一因でしょうか。年齢と興味が薄くなってきたことも原因かも…

服をたくさん持っているとは言えない方の私、古くなってきたり若い頃の服がイマイチ合わなくなってきていたりと、着回しできる数が減ってきていました。

正直、この買い物機会に見つけられなかったのはとても痛かったです。「一人で」出れる機会が次はいつあるか。「一人で」出る機会はあったとしても、そのときに服を見て回る気になるのか。

※「一人で」出る機会があったとしても服を見て回る気になるか、はそもそも私が外出自体をあまり好まないからです。
※「一人で」を強調しているのは「子供と一緒に外出しているとそもそも服をゆっくり見ることができない」ためです。

そこで思い出したのは、DROBEのサービスでした。

利用した結果、問題を解決できてよかったです。次が楽しみです。

気になった方、この機会にDROBEを試してみてはいかがでしょうか(‘ω’)ノ

追記:2回目(3か月後)のレビュー

そんなにたくさん服は要らないので、初回から3か月後の2回目利用です。5点提案中、2点購入しました。スタイリング量込みで15,000円相当でした。

ただ今回は…失敗しました。私も悪いし、服の掲載画像も悪かったかなとも思う。

教訓:微妙な色については商品の色ラインナップを見て、画像を見て、似たような色がある場合は警戒して挑もう

服の色味が画像と異なっているものがあった

「画像でみる商品とは異なるものが届いた」…ネット通販のあるあるだと思います。

これをやってしまいました。しかも5点中3点。

3点とも送ってもらう前に「この服入れてください!」とDROBE側にお願いしたものです。1点は画像と実際の見た目が異なっていたものの、気に入ったので購入に至りましたが2点は返却となりました。自分でお願いしておいて…

ショックですよね…その2つを入れてほしいと言わなかったら…スタイリストさんから他の服の提案もらえたのではないかと思うと…

3点中2点は本当に画像と手元に来た服の色味が違っていました。これはある意味仕方がありません。通販あるあるです。最後の1点は素人だから起こった事故かなと思います。

服の色の理解が足りなかった?

恐らくですが私が「提案の色味を私が理解していなかったから誤認した」と思われます。

ファッション用語で「モカ」と「ブラウン」のような似たような色の用語、ありますよね。違いわかります?素人からしたらどっちも茶色っぽいんだろうなーという印象です。ものによってはブラウンと言いつつオレンジ色っぽい?と感じるものもあるくらいです。

提案いただいた服のトップ画像が茶色っぽい色でした。見たときに「これがモカ色か!」と思いました。

しかし恐らくこれは「ブラウン」で、画像や「モカ」の色選択をして出てくる別の画像の茶色が「モカ」だったのかなと思います。
色に詳しくない利用者としては提案来た→トップの画像茶色系だった→これがモカ色なのか!と誤解してしまいました。

実際に届いた服は画像の色味と全然違うし、色が渋くて好みではないし、着てみたけど似あわなかったんです…

この1枠を「他のもの」にしていたら他の服の提案が来たよね…と考えるとなんとも残念です。

次回は微妙な色については商品の色ラインナップを見て、画像を見て、似たような色がある場合は警戒して挑もうと思います。

ああ、自分から「送ってほしいと」とお願いした2枠が思っていたのと全然違ってとても残念だったな…